【石川・富山・福井限定】 はじめての転職をサポートする「ほくナビ」 > 富山で正社員として 転職するためのヒント

富山で正社員として
転職するためのヒント

富山県での転職を考えている方のために、富山県の雇用・労働状況や住みやすさ、実際に転職した方の体験談など、確認しておきたい情報をまとめてみました。

まずはキホンから
富山県の雇用状況ガイド

慢性的な人出不足に悩む北陸地域

北陸地域は、全国平均と比べて有効求人倍率が高い地方として知られています。2019年1月の有効求人倍率は、全国平均が1.63倍なのに対し、富山県は1.98倍。全国平均は2018年からの1年間で上昇する一方、富山県は1.98倍のまま横ばいではありますが、依然として働き手不足であることは変わりません。

北陸地域全体で見ると、景気は緩やかながら上昇傾向にあります。一方で労働人口が増えているわけでもないので、ニーズに対して人材供給が追いついていない状況です。これは北陸地方全体の経営者の悩みではありますが、一方で、働き手にとっては売り手市場とも言える状況。北陸への転職は魅力的な選択の一つとなっています。

職種別求人数

りくちゃん

続いて、職種別に求人の状況を見ていきましょう。少し古いですが、2017年のデータによれば、有効求人数が最も多いのはサービス業で69,326人。次いで販売業38,231人、専門的技術職50,200人、事務職28,645人と続きます。

サービス業や販売業の求人数は、観光客の多い石川県と比べると相対的に少なめ。一方で、専門技術職や事務職は、富山県と石川県の人口比を考慮すれば、石川県よりも求人数が多いと考えられます。富山県内には医薬品メーカーの日医工をはじめ、ダイトやコーセル、日本抵抗器製作所といった機械メーカーの本社があり、専門的な知識を必要とする技術職や研究開発職のニーズが多いことがわかります。

サービス業・販売業・専門技術職が人手不足

求人数と求職数のミスマッチの状況を見ていきましょう。サービス業の有効求人数が69,326人なのに対し、有効求職者は16,912人。4分の1以下という状況です。販売業でも、38,231人に対し12,548人、専門的技術職50,200人に対し18,512人という人材不足が続いています。全国でも有効求人倍率が高いとされる富山県では、転職先は比較的見つけやすいと考えてよいでしょう。

富山県の収入

平成30年の賃金構造基本統計調査から、富山県の労働と収入の状況の概要をまとめてみました。

概況
所定内労働時間数 富山県:168時間 東京都:159時間
超過実労働時間数 富山県:12時間 東京都:12時間
支給する現金給与額 富山県:30.77万円 東京都:34.36万円

比較として東京都の調査内容を記載しています。所定内労働時間数とは就業規則等定められた実労働時間数のことです。富山県内の168時間はなんと全国ランキングでも1位の数値。勤勉で真面目に働く、富山県民の県民性が表れています。

男女の比較
所定内労働時間数 男性:169時間 女性:166時間
超過実労働時間数 男性:16時間 女性:7時間
支給する現金給与額 男性:34.38万円 女性:24.70万円
年代別年収
20~24歳 富山県:303万円 東京都:326万円
25~29歳 富山県:361万円 東京都:431万円
30~34歳 富山県:396万円 東京都:508万円
35~39歳 富山県:449万円 東京都:601万円
40~44歳 富山県:474万円 東京都:667万円
45~49歳 富山県:508万円 東京都:768万円
50~54歳 富山県:529万円 東京都:818万円
55~59歳 富山県:543万円 東京都:785万円

比較として東京都の調査内容を記載しています。20代の前半では大きな差はないものの、年齢が上がるにつれ、その差は開いていく傾向にあります。富山県単体で見ると、20代後半から30代前半までの給与はなだらかな上昇ですが、30代後半で一度急激に伸びていることがわかります。30代後半はキャリアが固まった後と捉えられるため、早めの転職が望まれます。

その他、職種別月収
  • 鉱業,採石業,砂利採取業 31.71万円
  • 建設業 30.97万円
  • 製造業 31.37万円
  • 電気・ガス・熱供給・水道業 46.50万円
  • 情報通信業 37.65万円
  • 運輸業,郵便業 29.57万円
  • 卸売・小売業 28.80万円
  • 金融業・保険業 35.19万円
  • 不動産業・物品賃貸業 27.08万円
  • 学術研究、専門・技術サービス業 35.76万円
  • 宿泊業・飲食サービス業 25.26万円
  • 生活関連サービス業・娯楽業 27.22万円
  • 教育・学習支援業 35.88万円
  • 医療・福祉 28.56万円
  • 複合サービス業 32.27万円
  • 他に分類されないサービス業 26.14万円

富山県の基本データ

富山県の人口について

  • 人口 1,044,495人(2019年4月)
  • 世帯数 405,789(2019年4月)
  • 年少人口 121,378人(2018年10月)
  • 生産年齢人口 587,213人(2018年10月)
  • 老年人口 332,619人(2018年10月)

年少人口割合は前年比で1.9ポイント、生産年齢人口割合は0.9ポイント低下。少子化が進み、高齢化が進んでいます。市町村別の人口を見ると、最も人口が多いのは富山市で417,575人。ついで高岡市170,524人、射水市91,528人、南砺市49,993人となっています。富山市と高岡市で、県内総人口の過半数を占めています。

富山県の土地について

  • 総面積 4,247.61km2
  • 人口密度 245.9人/km2

富山県の経済について

各種経済指標を見ると、名目経済成長率が2.9%、実質経済成長率が1.5%と、国の平均とほぼ同じ動きをしています。(平成27年度)。県民所得は前年度増加率が3.4%となっており、こちらは国の平均を少し上回っています。

経済活動別県内総生産のデータを見ると、大きな伸びがあるのは農林水産業。最も前年は19.1%減なので、大きな波のうちの一つと考えるべきでしょう。そのほか製造業が8.9%、宿泊・飲食サービス業が6.1%と、順調に成長を続けています(平成27年度)。

富山県の人気のエリアは?

富山県は、非常に住みやすい県として知られてます。2017年発表の住みやすさランキングは、50位までに富山県内の都市が8つもランクインしています。これは上位の街が必ずしも人口が多いというわけではないので、県外の方は知らない地名も多いかと思います。しかし、中心都市である富山市以上に、郊外都市が住みやすいと評価されているのが大きな特徴です。とりわけ住宅水準充実度の高い都市が多いのがポイントで、心地よい住環境でのびのび暮らせることが人気の理由のようです。

砺波市

ほっくん2

砺波市は、住みよさランキングで2位に輝いた都市。砺波平野の中心に位置し、主な産業はチューリップの球根。砺波市内は物価が安く、ローコストで暮らしていけるのがポイント。富山湾でとれる新鮮な魚や、産直の野菜が安く手に入るので、食べるものは都会よりも楽しみが増えます。

また人口過密ではないので、通勤ラッシュの時間帯でも渋滞することはなく、通勤のストレスを感じずに済みます。家と職場、買い物するところと、どこも車で10分というコンパクトな生活も可能です。スキー場やコストコ、金沢市街地へも車で30分。仕事もレジャーもアクセスがよく、毎日を楽しんで暮らすには最高の立地であることは間違いありません。

 富山市

富山城

富山市は、富山県の人口が大きく集中している、県内の中心地。富山市内には北陸銀行や北陸電力など、全国的にも存在感のある企業が本拠を置いています。

都会ではありますが、自然に囲まれていて子育てがしやすい街です。子育てや教育に熱心で、子供向けの施設に税金をしっかり投入しており、無料、あるいは安い入場料で子どもと遊んだり学んだりすることができます。また砺波市と同様に、新鮮な魚がスーパーで手に入るのが市民には好評。子どもの食育にも適しているかもしれません。

南砺市

砺波市と似ている名前ですが、別の自治体です。南砺市は、2017年の「住みたい田舎」ランキングで総合3位に選ばれた市です。移住促進を進めている自治体の中でも、住みやすくて人気があるとされています。既に移住支援制度が始まっており、2016年度の上半期で114名が移住をしました。

東部は富山市、西部は金沢市と隣接しているので、市街地への通勤が可能。そんな立地ですが、国立公園を含む森林や、岐阜県境となる山々など、非常に自然が豊か。穏やかな気持ちで暮らせる土地です。

平野部では製造業、山間部では建設業や観光産業が盛んで、有効求人倍率はかなり高い状況。転職先を見つけることも難しくない状況です。豊かな自然に囲まれて、豊かな暮らしを実現するなら、南砺市は有力な選択肢になるでしょう。

富山県へ転職するメリットは?

富山県へ転職するメリットして、どのようなものがあるのかを見てみましょう。

1.働きやすい

富山県へ転職することの第一のメリットは、「働きやすい」ことです。

富山県は、正規雇用率が高いです。全世代の正規雇用率は67.1%。全国平均61.8%を上回っており、全国2位です。また、15歳~34歳の若者に限れば、正規雇用率は74.9%。全国平均64.7%を大幅に上回り、全国1位となっています。

また、富山県では女性も活躍しています。女性の有業率は、70.0%で全国4位です。女性の勤務年数は11.6年で、全国平均の9.4年を上回り、全国1位となっています。

2. 日本海側屈指の工業集積

富山県は、水資源が豊富で電力が安価であるために、日本海側において屈指の工業集積となっています。そのために、転職先が多彩にあることも、転職のメリットだといえるでしょう。

第二次産業の割合は、全国3位です。第二次産業の業種についても、高岡銅器などの伝統産業から最先端のITテクノロジーまで、さまざまです。

また、「富山のくすり」はよく知られているとおり、江戸時代に生まれて以来、300年以上の歴史を誇る伝統産業です。人口1人あたりの医薬品生産額は、富山県は56.6万円で全国1位。人口10万人あたりの医薬品製造所数も、8.7ヵ所でやはり全国1位です。医薬品メーカーもあり、薬剤を包む容器やパッケージ印刷を始めとした周辺産業も多くあります。

3. 住みやすい

富山県は「住みやすい」ことも、転職のメリットであるといえます。居住水準は、全国でトップクラスです。

持ち家率は78.3%で全国1位。1住宅あたりの延べ面積も150.1㎡で、やはり全国1位です。

また、居住費が安いことも富山県の特徴です。1㎡あたりの住宅地平均価格も、東京が32.4万円、大阪が14.7万円、愛知が9.8万円であるところ、富山は3.1万円。民営住宅の家賃も安く、1ヵ月の坪あたりの家賃は、東京が8,704円、大阪が5,895円、名古屋が4,971円であるところ、富山は3,979円です。

4. 子育てがしやすい

転職して移住する場合には、子育てをすることもあるでしょう。富山県は、子育ての環境も充実しています。

保育所の待機児童は、富山県では0人です。また、保育所の入所率も、69.8%で全国3位。仕事と子育てを両立することが容易でしょう。

児童医療費助成に加え、各市町村ごとの子育て支援制度も充実しています。登下校の見守りなど、地域ぐるみの子育て支援が活発に行われているのも、富山県の特徴です。

5. 教育が充実している

富山県は「教育県」といわれることもあります。教育が充実していることも、転職のメリットだといえます。

平成27年度における文部科学省 全国学力・学習状況調査では、富山県は、小学校は全国5位、中学校は全国4位です。

また、富山県では、中学2年生になると5日間学校を離れ、地域での職場体験活動やボランティア活動に取り組むこととなっています。それにより、社会性を高め、たくましく行きていく力を身につけることができます。

図書館の数も多いです。人口10万人あたりの市区町村立図書館の数は、全国4位です。

富山県の転職体験談

転職活動をするなら、どんなパターンの成功と失敗があるのか、体験談を通じて学んでおくことが大切です。実際に転職した人の成功のコツを知り、失敗の原因を避けることで、自分の転職を成功させましょう。

ここでは、富山県での転職の体験談をご紹介します。

成功体験談1
実家のそばに転職して育児と仕事を両立!

口コミのアイコン

夫の脱サラを機に、実家がある高岡市での転職活動を始めました。初めは一人で転職活動をしていましたが、育児と仕事の両立という条件が厳しく、なかなか仕事が見つかりませんでした。そこで、実家のサポートを得て育児ができる実家での仕事を探したのですが、専門的な職種だったのでなかなか富山では見つからなかったんです。

そこで、転職エージェントの方に「何でもいいので連絡してください」と伝えていて、実家のすぐそばの会社を紹介してくれました。それまでとは全く違う職種でしたが、会社がしっかりしていたので、毎日勉強しながらチャレンジをしています。

成功体験談2
富山に一度帰っただけの効率良い転職

口コミのアイコン

東京で働いていましたが、富山に実家と田畑があり、私は長男なので、いつか富山に帰るつもりではいました。しかし、仕事が面白くて帰るタイミングを逃し続けていたんです。妻が妊娠したことをきっかけに、子育てを富山でしようと思い立って、転職を決意しました。

初めは大手エージェントに登録していたのですが、大手では富山のローカルな情報は手に入りません。見つかるのは全国規模の会社ばかりで、転勤の可能性があり、私には合いませんでした。

そこで、富山の情報に強いエージェントに切り替えました。そのエージェントは富山から東京まで会いに来てくれて、自分に合う求人を絞り込む作業を一緒にしました。面接の日程や条件交渉を全てエージェントがやってくれて、私が富山に足を運んだのは一次面接の一度きり。それだけで転職活動が済んだのです。

転職成功体験談3
得意分野に転職して新たなチャレンジへ

口コミのアイコン

学生のころから車が好きで、車に関わる仕事がしたくて転職することにしました。いろいろなエージェントに相談して、4つの会社を提案してもらい、富山県内の企業に転職することになりました。小さな村に本社がある会社ですが、事業はグローバル。世界シェアが7割という商品もあります。得意とする自動車分野で、これからさらに伸びていく事業に関わることができるので、積極的にチャレンジしていくつもりで決めました。富山に移ってからは、都会にない地方の楽しさを知って、楽しく過ごしています。しかも、大企業ではできないような思い切ったチャレンジができるので、自分の成長にもつながっています。

転職成功体験談4
富山に転職して、仕事もプライベートも充実

口コミのアイコン

ずっと神奈川で働いていましたが、都会での暮らしは合わないと感じていて、富山へIターン転職することを決意。富山に強い転職エージェントに登録して、自分にマッチする転職先を見つけることができました。これまでの経験を生かし、さらに自分のスキルを高めることができる仕事に就けてよかったです。プライベートでは富山の温泉巡りをするようになって、夫婦で「贅沢な暮らしだよね」と言っています。

転職失敗談1
転職先が決まる前に会社を辞めて失敗

口コミのアイコン

とある有名企業に勤めていたことから、仕事を辞めてもどこにでも就職できると思っていたのが失敗でした。同じくらい有名な会社で、年収もあまり変わらないところを希望していたのですが、なかなか希望通りの求人が見つからず。貯金の底が見えてきたところで、年収を大きく下げて異業種へと転向しました。しかしうまく仕事になじめず、仲間もできなくて、すぐに転職することになってしまいました。

転職失敗談2
焦って妥協して失敗

口コミのアイコン

前の職場の労働環境に不満があり、早く転職しなくては、という焦りを感じていたことで転職に失敗してしまいました。転職先を早く決めるために、希望していた企業よりもかなり妥協したところに転職してしまいました。そのせいで、部下を持つようになっても給料は変わらず、責任が増えるばかり。自分の譲れない条件については、グッと堪えて待つべきでした。

富山県へ転職する際のポイントは?

富山県へ転職する際のポイントについて見てみましょう。

1. 移住するのは転職が決まってから

富山県へ転職する際のポイントとして、移住をするのは転職が決まってからにすることがあげられます。

転職前に移住をしてしまうと、履歴書に空白期間ができ、転職にマイナスになることがあります。また、仕事が決まる前は社会的信用がないために、賃貸住宅が借りにくくなることもあります。

2. 自己分析をしっかり行う

富山へ転職する場合には、自己分析をしっかりと行いましょう。

まず重要なのは、「転職理由」をはっきりとさせることです。転職の際の面接で、「なぜ富山へ転職したいのか」との質問はかならず聞かれることになります。ただ「地元に帰りたかった」では、面接官に、「今の仕事がイヤだからやめるのか?」と思われることになりかねません。前向きな転職理由をきちんと考えておきましょう。

また、自分の経験やスキルを客観的に分析することも大切です。応募先企業にたいし、自分がどのような貢献ができるかを明確にしておきましょう。

3.富山での転職フェア・イベントに参加する

富山県では、転職フェアやイベントなどが多く開催されています。実際に転職するまえに、これら転職フェアやイベントに参加するのもおすすめです。富山県の企業の様子や、土地の雰囲気などを確認することができるでしょう。

4. 転職エージェントを利用する

富山県に転職する場合には、転職エージェントを利用することもおすすめです。転職サイトだけを利用するのとくらべ、以下のような多くのメリットがあります。

  • 転職エージェントは企業と密接なつながりをもっているため、応募書類の通過率が高まる
  • 転職エージェントしか知り得ない情報を入手できる
  • 転職エージェントからアドバイスを貰うことにより、自分の経験やキャリアを客観的に捉え直せる
  • 求人探しや応募手続き、面接の日程調整などの面倒な手続きを代行してくれる

北陸エリアの転職エージェント8選

転職の成功の鍵を握るのが、転職エージェント。自分の力で転職活動を進めるよりも効率よく、よりよい条件で転職ができるため、積極的に利用したいサービスです。転職エージェントには全国規模の大手エージェントと、北陸エリアに強い地元密着型のエージェントがあります。ここでは、北陸で独自の情報網やコネクションを持つ、北陸特化型のエージェントを8社ご紹介します。

人材情報センターは、北陸に特化した転職エージェントの中でもハイクラス求人に強いのが特徴。これまでに30年以上の実績を積み上げており、北陸エージェントの中では老舗。地元の企業との長い付き合いがあり、コネクションを利用した転職が可能です。

人材情報センターの詳細を見る

全国各地で配布されているエリア向けフリーペーパーで知られる「ココカラ。」が運営する、転職エージェントサービス。エリア情報を提供するフリーペーパーを作っているという性格上、地元の企業との繋がりが強く、業界でも職種でも意外な求人が多いことが特徴。珍しい仕事を探すなら、登録する価値があります。

ココカラ。転職の詳細を見る

北陸エリアに特化したエージェント。北陸人材ネットの社長は、これまでに1万人以上の面接を経験しており、大学でも就活支援を行なっていたのだそう。その経験とノウハウを受け継いだコンサルタントが求人情報を提案してくれるため、20~30代の転職を考えている方には、特におすすめです。地元企業との強いネットワークも魅力です。

北陸人材ネットの詳細を見る

北陸キャリアドットコムは、株式会社キャリアドットコムの北陸対応サービス。ハイクラス求人から一般求人まで、幅広い職種を取り扱っています。

北陸キャリアドットコムの詳細を見る

リクルート(現・リクルート・ホールディングス)出身のコンサルタントが数多く在籍している転職エージェント。北陸エリアに拠点がある企業を直接訪問し、求人の内容や職場の雰囲気、仕事の様子などを確認した上で紹介してくれるので安心感があります。経験豊富なコンサルタントが、転職者のスキルやキャリアを効果的にアピールするサポートをしてくれます。

ヒルストンキャリアの詳細を見る

北陸エリアにはあまりない、エグゼクティブクラスに特化した転職エージェントがスターシップ人材銀行。経営者候補、あるいは管理職といったハイクラス求人を取り扱っています。UターンやIターン転職にも強く、北陸でエグゼクティブ転職を目指すならぜひ利用したいエージェントの一つに挙げられます。

スターシップ人材銀行の詳細を見る

パオスは、パナソニック株式会社の再就職支援において、北陸地区の独占契約を結んでいるエージェントです。パナソニックからの信頼が厚いことからもわかるように、北陸エリアでは大きな求人情報を抱えている会社。実績も多いことがわかります。リクルーティング会社である株式会社ライトブレーンのグループ会社なので、採用のためのアピールなどもノウハウが豊富です。

パオスの詳細を見る

北陸各県に事業所をおいて、地元でのコネクションを強固にしているのがワークプライズ。特に製造業や事務職などの転職、派遣に強いことで知られています。派遣業で培ったノウハウを、転職サポートにも活かしてくれることが期待されます。

ワークプライズの詳細を見る

イメージ

石川・富山・福井に特化した
転職エージェントまとめ

北陸エリア(石川・富山・福井)ではじめての転職を考えているのならば、地元に特化した企業内部・求人情報を持った転職エージェントを頼るのが鉄則!まず最初に登録すべき3つの転職エージェントを紹介します。

share
Twitter
Facebook