【石川・富山・福井限定】 はじめての転職をサポートする「ほくナビ」 > 【石川・富山・福井】 北陸エリアで活用できる 転職エージェントまとめ

【石川・富山・福井】 北陸エリアで
活用できる転職エージェントまとめ

東京や大阪などの大都市圏で転職活動をする場合、大手の転職エージェントを利用するのは有効な方法です。ですが一方、石川・富山・福井など限られたエリア内で転職活動をする場合は、必ずしもそれがベストな方法とは限りません。

ここでは、北陸エリアで転職を考えている方のための転職エージェント情報をガイドしています。初めて転職をする方、2回目の転職だという方にとっては、エージェント選びの決め手がわからないという方もいらっしゃることでしょう。転職を成功させて希望通りの仕事に就くためのエージェント選びについて考えていきます。

大手と地元特化型エージェントの違いとは?

ほっくん、りくちゃん

転職エージェントには、全国規模で転職をサポートしている大手と、独自の専門性を持っているエージェントがあります。専門性のあるエージェントのカテゴリには、エリア特化型のエージェントというものがあります。

ですから、北陸エリアでの転職を狙うなら、北陸エリアに特化してサービスを提供するエージェントを利用するという選択肢もあるのです。

大手転職エージェント

大手としては、リクルートエージェントやアデコ、doda、ビズリーチなどの名前を聞くことが多いでしょうか。これらの会社は総合人材業の一環として転職エージェントのサービスを行っています。そのため、企業とのコネクションがあり、求人情報を豊富に持っています

全国でたくさんの求人情報を持っているので、どこで転職することになっても大手エージェントが提案する求人情報はチェックしておくべきです。少なくとも1社、できれ2社以上登録しておきたいところです。

地元特化型エージェント

対して、地元特化エージェントはその地域に深いコネクションを持っています。大手では拾いきれないような求人情報を持っていることも。1社だけに求人を出している企業なら、大手に登録してもその求人を見つけることはできないのです。

地域特化型のため、各企業の職場や仕事内容がどういったものなのか把握しているエージェントが存在します。そういったエージェントを利用すれば、地方のローカル企業でも優良企業を見つけて転職できる可能性があります。

大手1〜2社、エリア特化型2〜3社に登録しよう

登録エージェントは、複数社に登録することが可能です。大手だけで済ませるのではなく、北陸に特化したエージェントもいくつか登録しておくとよいでしょう。

エリア特化型といっても、それぞれエージェントごとに異なるコネクションがあります。エージェントがそれぞれに持っている独自の情報をキャッチするためには、複数社からの提案を受けるようにすることが必要です。

北陸エリア特化型の転職エージェント3選

では、北陸エリアで転職活動をする場合は、どのエージェントに登録するべきでしょうか。独自の調査を行い、北陸特化型エージェントの強みや特徴をリサーチしてお勧めエージェントを選定してみました。

北陸人材ネット

北陸人材ネットは、転職希望者への手厚いサポートが特徴。転職活動の専門コンサルタントが、求職者のライフプランに合わせて、会社の社風まで考慮した提案をしてくれます。また、面談や応募書類・資料の作成方法まで、丁寧な指導が受けられると評判です。

人材情報センター

人材情報センターは30年以上も北陸に特化して転職エージェントサービスを提供している会社。ハイクラス企業とのつながりが強く、高年収でハイグレードな求人を紹介してくれます。

ココカラ。転職

一方でココカラ。転職は、フリーペーパーの作成のために地元の企業とのつながりを強めてきました。この情報網を活かして、少しめずらしいジャンルの求人情報を提供しています。

スキル・経歴の棚卸しと
求人情報の収集を使い分ける

この3社には、それぞれ得意とするサポート分野があります。これらを上手に使い分けることで、転職活動を有利に進めることができます。

まずは北陸人材ネットに登録して、自分がどんなスキルと経歴を持っているのか、まずは棚卸しするところから始めるとよいでしょう。同社の社長は、これまでに採用面接を1万人以上も経験しているというプロフェッショナル。その経験とノウハウを取り入れたコンサルタントたちが、転職活動の進め方や自分のスキルの棚卸し方法を丁寧に教えてくれます。初めて転職活動をする方、20~30代の若い世代の方は、これからのキャリア・ライフプランを組み立てる意味でも、まずは北陸人材ネットへ訪れるのがオススメです。

さらに、人材情報センターやココカラ。転職を利用して、様々な求人情報の紹介を受けてみるとよいでしょう。人材情報センターはハイクラス求人に強く、ココカラ。転職は北陸エリアのめずらしい求人に強みを持っています。これらの転職エージェントに相談することで、自分のキャリアプランの中では想定していなかったような求人に出会えるチャンスが生まれるのです。

この3社を使い分けることで、北陸エリアでの転職をうまく進めていくことが可能になります。

北陸エリアにも対応している転職エージェント14選

北陸キャリアドットコム

北陸キャリアドットコムは、株式会社キャリアドットコムの北陸対応サービス。ハイクラス求人から一般求人まで、幅広い職種を取り扱っています。

ヒルストンキャリア

コンサルタントが直接求人企業にコンタクトを取って、詳細をヒアリングしてくれるのが強み。求人情報だけではわからない、リアルな内容を把握して提案してくれます。

スターシップ人材銀行

エグゼクティブクラスの求人に特化した転職エージェント。北陸にはこのような転職エージェントが少ないため、ハイクラス求人を探すなら、選択肢の一つになります。

パオス

転職のための面接指導だけでなく、円満な退職のための相談にも乗ってくれるパオス。パナソニック株式会社とは北陸地区の独占契約を結んでおり、パナソニック関連の求人には期待できます。

ワークプライズ

北陸各県に営業所があるので、地域ごとに担当者によるコネクションが形成されているのが強み。地域社会の中で働きたい方には適した転職エージェントの一つです。

アデコ

派遣事業で知られる大手のアデコ。キャリアカウンセリングやキャリアデザインに強いエージェントです。また転職のためのスキルを身につける講座の割引制度もあります。

リクルートエージェント

業界最大級とうたうほど、非公開求人が大量に登録されているのがリクルートエージェント。実績豊富なアドバイザーが、スキルや希望に合った求人を紹介してくれます。

パソナキャリア

人材派遣の最大手の一つ、パソナキャリア。オリコン顧客満足度調査において、2019年転職エージェント部門で第1位となっています。全国クラスの転職ノウハウは大きな強み。

doda

わからないことだらけの転職を、しっかりサポートしてくれるのがdoda。応募書類の添削や面接サポートはもちろん、手続き代行やキャリアプランニングの相談にも対応しています。

ビズリーチ

ハイクラス転職に強いエージェントの代表とも言えるのが、ビズリーチ。優良企業やヘッドハンターからの連絡が期待できるエージェントで、幹部クラスの求人を多数持っています。

マイナビエージェント

20代の転職に強く、またその世代から支持されているのがマイナビエージェント。就職活動でもおなじみだと思います。各業界や企業における採用情報に精通しているので、情報量が強みです。

JACリクルートメント

ハイクラスや専門職に特化した転職エージェントが、JACリクルートメント。得意としているのは30~50代の幹部クラス、あるいは技術・専門職での転職です。

Spring転職エージェント

アデコグループの転職エージェントである、Spring転職エージェントでは、職種別に専門のコンサルティングが受けられます。

上述のアデコよりもハイクラスな転職を目指す方に。

リージョナルキャリア

全国でU・Iターンを支援しているのがリージョナルキャリア。仕事に合わせて住むところを選ぶのではなく、住みたい土地で仕事を探す、というスタイルの転職支援を提供しています。

転職エージェントの活用方法

転職を成功させるには、転職エージェントの活用が有効です。 転職エージェントには、さまざまな機能やサービスがあり、転職を成功させるには欠かせません。 ここでは、転職エージェントに効果的な使い方を解説していきます。

転職成功をさせるにはスカウトメールを活用

転職エージェントには、スカウトメールといったサービスがあります。 スカウトメールとは、簡単に言うと案件の紹介メールです。 事前に登録した自分のプロフィールに合致した案件が送られてくることが多く、ぜひ活用したい機能のひとつです。

企業から依頼を受けたキャリアアドバイザーが条件を絞って該当者を探しているので、ミスマッチが少ない傾向ことが特徴。

ただし、更新日やログインの日付が古いと「すでに転職を決めた可能性が高い」と判断され、スカウトメールが届かなくなってしまうことがあるので注意が必要です。

転職時期についての伝え方

転職時期についての考え方を、キャリアアドバイザーへうまく伝えることも重要です。 キャリアアドバイザーには、売上目標があるので、転職意欲が高い求職者は優先順位をあげて対応します。

初回の面談といったやり取りでは「転職時期」について、ほとんどの場合聞かれます。 転職に意欲的ではないと判断した場合は、優先順位を下げられてしまうこともあるでしょう。

初回のやり取り時に「良いところがあればすぐにでも」といったような回答をすれば、積極的に転職の支援をしてくれます。

担当者との相性を重視

キャリアアドバイザーとの相性も重視しなくてはいけません。 相性の良くないキャリアアドバイザーとのやり取りはストレスにもなってしまいますし、求人のミスマッチにも繋がっていきます。

「相性が良くないけど、変更は悪いな」「少し苦手だけど我慢しよう」といった気遣いは無用です。 実は、キャリアアドバイザーの変更は大きな問題ではなく、すんなりと対応してもらえることが多いもの。

どうしても担当者の変更がしづらい時は、他の転職エージェントを利用するといった決断も必要です。

技術・知識・資格は正直に

登録情報に記載する技術・知識・資格は正直に書きましょう。 キャリアアドバイザー内でも前回と今回で同じ人なのに、情報が違うといったことが一定数あるようです。

もし、このようなことがあれば、虚偽報告を行う人材として認識されてしまいます。 そうなると「リスクのある人材」として企業の紹介も滞ってしまうでしょう。 運良く転職できても偽って入社した場合、採用の取り消しや懲罰の対象になることも考えられます。

推薦文について

企業に推薦する場合、多くのキャリアアドバイザーは求職者の「推薦文」を書きます。 この推薦文はキャリアアドバイザーの実力によって違うことがあります。 情報の差異や客観的に自分を見つめ直すといった意味でも、一度推薦文を確認しておくと良いでしょう。

併用時は同案件への応募に注意

転職活動をしていると、複数のエージェントを併用することもあります。 こういった場合の注意点として、同じ企業への応募は複数のエージェントからしないようにしましょう。

もし、企業から「他のエージェントからも応募があった」とキャリアアドバイザーに連絡がいってしまうと、不信感を抱かれてしまうことにもなります。

イメージ

石川・富山・福井に特化した
転職エージェントまとめ

北陸エリア(石川・富山・福井)ではじめての転職を考えているのならば、地元に特化した企業内部・求人情報を持った転職エージェントを頼るのが鉄則!まず最初に登録すべき3つの転職エージェントを紹介します。

share
Twitter
Facebook